視力回復手術とは、角膜をレーザーで削って視力を回復させるというものです。 レーシックという名前でよく知られていますが、日本での正式な名称は、角膜屈折矯正手術のです。 一般的なレーシック手術の他に、イントラレーシック、ラセック、エピレーシック、PRK、カメラインレーなど、様々な手術方法があり、それぞれ手術のやり方も価格も異なります。 多数の芸能人やスポーツ選手がレーシック手術によって視力を回復し、マスコミ(時に情報が操作されたり、報道が規制されたりすることもあるようです)で取り上げられたこともありますし、さいきんではかなり普及してきており、以前に比べると手術費用も安くなりました。 ただ、その反面、衛生面に問題があるクリニックなどもあり、角膜感染症が多発したこともあります。 また、一度は視力が回復しても、また視力が低下したり、後遺症が残ってしまうこともありますから、視力回復手術を受ける時には慎重に検討した方がいいですね。 それに、適応条件を満たさなければいけありませんから、誰でも視力回復手術を受けられる訳ではないんですー